Close

Kotlinと Realm

たまに思い出したように Kotlinの導入を試みているのだけど、Realmオブジェクトを取得すると不正な物が返ってきて落ちる。
結果から言うと昔必要だった「apply plugin: ‘kotlin-kapt’」「kapt “com.android.databinding:compiler:$databinding_compiler_version”」「kapt “io.realm:realm-gradle-plugin:$realm_version”」の記述は不要。
「apply plugin: ‘kotlin-android’」「implementation “org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib-jdk7:$kotlin_version”」の二つにオプションで「apply plugin: ‘kotlin-android-extensions’」だけで十分。
そして、一番重要なのは「apply plugin: ‘realm-android’」「apply plugin: ‘kotlin-android’」の順番で書くこと。
落ちるのはコレが原因だった。
ちなみに現在の組み合わせは kotlin 1.2.71、realm 5.7.0、gradle 3.2.1というところ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)