Close

databinding V2

gradleプラグインを 3.1から 3.2に変更すると Databindingで生成される XXXXBinding.javaにクラス名でなくパッケージ名をインポートする import文が出るようになる。
どうも、databinding V1から databinding V2に変更になった結果の模様。
手っ取り早く回避するには gradle.propertiesに「android.databinding.enableV2=false」を追記すればよいと。
見ての通り v2を無効にする指示なので最終的には根本的な解決が必要になるね。

で、根本的な解決法。
V2では大文字から始まるコンポーネントをパッケージではなくクラスとして扱うようなのでパッケージ名は必ず小文字で始まるように書き換える。
ただ、これってかなり根本的な事なので将来的に Databindingのほうに修正が入る気がしないでもない。

FYI: Gradle Plugin 3.2.0 with databinding, can not resolve package name

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)