Close

FMV LIFEBOOK AH42/Hのリカバリ

新たなストレージに領域を確保してリカバリするのはかなり面倒なのがわかったのでリカバリ領域から直接リカバリメディア(DVD)を作る方法。
\MyRecovery\iso\isoimage\bootdisc.isoを焼いてトラブル解決ナビディスクに。(CD-Rでも DVD-Rでもよく、こいつから起動するとトラブル解決ナビデが起動する)
以下のファイルをまとめてリカバリディスク 1/3
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.INF
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.FJ
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.CRC
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.FC2
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.002
以下のファイルをまとめてリカバリディスク 2/3
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.INF
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.FJ
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.CRC
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.003
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.004
以下のファイルをまとめてリカバリディスク 3/3
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.INF
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.FJ
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.CRC
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.005
\MyRecovery\Rec_64\AH420H0500—5-1.006
ディレクトリ以下をまとめてソフトウェアディスク 1/2
\APLDISC\APLCD1\APL\
ディレクトリ以下をまとめてソフトウェアディスク 2/2
\APLDISC\APLCD2\APL\

MyRecovery\isoが存在し、その下に isoimage\bootdisc.isoが存在するモデルにはこの方法が使えるらしい。
FYI: 富士通 Windows7モデル リカバリディスク作成方法

後は電源投入後 F12を押して、DVDドライブからの起動を指示すればトラブル解決ナビが起動するので、リカバリ-Cドライブを64ビット(購入時)の状態に戻す/全ドライブを購入時の状態に戻すを実行すればめでたしめでたし。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)